小池ゆりこ(衆議院議員)さんのコスプレ姿は都知事になったらみられるのか。

昨年、2015年10月31日、衆議院議員・小池百合子さんが「池袋ハロウィンコスプレフェス2015」において、漫画、魔法使いサリーの主人公、夢野サリーのコスプレ姿をし、「こんにちは~!魔法使いユリーで~す!」と可愛く登場した。

豊島区は、衆議院において、東京都10区(豊島区と練馬区の1部)にあたり、2005年の郵政民営化の刺客として、小池百合子さんが東京都10区で立候補した選挙以来、10年以上にわたり、豊島区を地盤としている。

なぜ、コスプレで「魔法使いサリー」を選んだかというと、豊島区は、故・横山光輝さんが45年にわたり住まれた、ゆかりの地であり、2012年7月には、横山光輝さんの作品の主人公たちに特別住民票を発行、特別区民とされていることも起因する。

この「池袋ハロウィンコスプレフェス2015」において、小池さんは
「『リボンの騎士』にするか迷ったんですけど、来年にとっておきたい。来年も出るつもりです。」

と述べられていることから、2016年にも参加予定としていたことがわかるが、果たして都知事になっても小池百合子さんのコスプレ姿はみられるのでしょうか。